イエスマ 春日井店・一宮店・江南店

  • イエスマ 春日井店 一宮店 Instagram

住宅購入時の資金計画の立て方【春日井 注文住宅 相談窓口】

2023.06.03

住宅購入時の資金計画の立て方【春日井 注文住宅 相談窓口】

こんにちは!

副店長の山本です!

 

今回は住宅購入時の資金計画はどのように建てれば良いのか

解説していきます!

 

住宅を購入する場合、生涯にわたる最大の財産となることが多いため、資金計画をしっかり立てることが非常に重要です。

まず初めに、自分がどの程度の額を用意できるかを把握することが大切です。収入や貯蓄額、借入などを考慮して、まずは最低限必要な頭金をいくら用意できるかを見積もるようにしましょう。

また、頭金以外にかかる費用も含めて全体の予算を明確にし、その額を基に物件の探し方やローンの返済計画を立てる必要があります。以下、詳しく説明していきます。

 

1.頭金の計画
住宅を購入する場合、通常は物件価格の5~10%程度の頭金が必要となります。頭金が多ければ、ローンの利子も少なくなりますので、できるだけ多くの頭金を用意できるよう計画しましょう。
ただし、頭金の額が少なかった場合でも、住宅ローンの保証制度を利用すれば、比較的低い金利で借り入れることができます。

 

2.物件探しの計画
物件を探す場合、希望エリアや間取り、築年数など、自分の希望条件にあうものを選ぶのが大切です。また、静かで明るい場所にある物件は、将来的に再び買い手がつく可能性も高くなるため、投資目的で住む場合でも良い選択肢になります。
さらに、物件を購入した後のライフプランも考慮して、子育てに向いた物件や高齢者にやさしい設計の物件など、将来的なライフイベントにも対応できるよう選ぶのが良いでしょう。

 

3.ローンの返済計画
住宅ローンの返済計画を立てる場合には、借り入れ額や金利、返済期間を見極める必要があります。金利の低い銀行を見つけることや、返済期間を若干短くすることで、利息を減らすことができます。
また、借り入れ額と金利を大まかに計算して、月々の返済額を予想しておくことが重要です。自分の予算に合わせて返済計画を立てることで、将来的な返済の負担を軽減することができます。

 

以上、住宅を購入する際の資金計画の立て方をご紹介しました。

 

住宅を購入したいけど今後や老後の資金繰りができるか心配・・・

そんなお悩みをお持ちの方はぜひ当店へご相談ください!

お客様のご年収、支出、貯金状況などを細かく伺い、老後2,000万円残るライフプランシミュレーションを作成いたします!

 

『後悔しない住宅購入価格まるわかり』勉強会 – 注文住宅の相談窓口 春日井店 (tyumonzyutaku.com)

—————————————————————-

当社対応エリア 愛知(春日井市、小牧市、名古屋市、尾張旭市、北名古屋市)
当社サービス 注文住宅・建売・建て替え・土地探し・解体・外構